4日間の出会いがあなたの人生を変える!

概  要 企業訪問 参加者の声 ベンチャー新聞
期 間 平成28年8月1日(月)〜8月4日(木)
参 加 今治市の高校生8名
内 容 8月1日(月)〜8月3日(水) 
 関東のふるさと企業2社、日本でいちばん大切にしたい会社へ選ばれた3社へ訪問。

8月4日(木) 
 今治地域地場産業振興センターにて成果発表会 
 
概  要 企業訪問 参加者の声 ベンチャー新聞

東京ベンチャー留学2016  第10期 プログラム

2016年8月1日(月) 高校ベンチャー留学 1日目(東京) 
【留学ゼミ1】
13:30〜15:30

株式会社アイエスエフネットへ訪問
  代表取締役社長/渡邉 幸義 氏

【留学ゼミ2】
16:00〜18:00

サイボウズ株式会社へ訪問
代表取締役社長/青野 慶久 氏


2016年8月2日(火) 高校ベンチャー留学 2日目(東京・横浜)
【留学ゼミ3】 
10:00〜11:30

株式会社ゲットイットへ訪問
  代表取締役/廣田 優輝 氏 

【留学ゼミ4】 
14:00〜16:00

株式会社カヤックへ訪問
  代表取締役CEO/柳澤 大輔 氏
 【振り返り】 
18:00〜20:00
 
公益財団法人 東予育英会
東予学舎


2016年8月3日(水) 高校ベンチャー留学 3日目(東京) 
【留学ゼミ5】 
10:00〜12:00

パイプドHD株式会社へ訪問
  代表取締役社長/佐谷 宣昭 氏

2016年8月4日(木) 高校ベンチャー留学 4日目(今治) 
【成果発表会】
14:00〜15:00

東京で出会った社長との対話で、自分の目指す将来には何が必要かを深く考え、目的達成のための計画表
「自分プロジェクト」を作りました。それをプレゼン形式でコメンテーターの方や保護者の方の前で発表しました。

 
概  要 企業訪問 参加者の声 ベンチャー新聞

    高校ベンチャー留学に参加して、東京の社長さんと出会ってどう感じましたか? 
 
今治東中等教育学校6年生
曽我 太雅くん
 青野社長、先日はお忙しい中私たちベンチャー留学参加者のためにお時間を割いていただき、ありがとうございました。「運動会でグループをまとめるにはどうすればいいか。」という質問に答えていただきしっかりとチームをまとめ、いい運動会にする方法を改めて考えることができました。チームみんなが楽しめるように、さらに、優勝できるように、真剣に取り組んでいきたいと思います。本当にありがとうございました。
 
今治東中等教育学校6年生
阿部 史恵理さん
 私は面白法人カヤックの柳澤社長のお話で一番印象に残ったのが、成功する人はどういう人かというお話です。柳澤社長によると、当たる人とは当たり方がわかる人のこと。だけど一回で当たる人はいない。だから当たる素質のある人は失敗を恐れずくじけない人だということでした。一回の失敗で諦めてしまう人は多いと思います。私もその一人です。だけど今回のベンチャー留学で失敗とは自分を強くしてくれるものだと思うようになりました。

今治東中等教育学校6年生
曽我部 海青くん
 私は、機械の構造を考えたり組み立てたりすることが好きです。ゲットイットさんを見学して、ハードウェアの面で機械の技術をITの世界でも活かすことができると気付くことができ、新たにPCにも興味を持つようになりました。社員の方は「同じものを二度作ることはない。」と仰っていたり、廣田社長が社員と対等な企業づくりをされていたりと、社員それぞれが自由な発想と挑戦ができる環境があり、すごい企業だと感じました。

今治東中等教育学校6年生
田中 大成くん
 私は研究者になって新素材を開発するという夢があります。これはベンチャー留学に参加する前も参加した後も変わっていません。しかし、理由が変わりました。参加する前は、自分が化学が好きだからそれを仕事にしたいという理由でした。でも、社長の方々は誰かの為、世の中の為を想って仕事をしておられました。だから私も、科学の発展に貢献し、人々の暮らしをもっと快適にしたいと思うようになりました。そのためには、人との縁を大事にすることが大切だということも学びました。ベンチャー留学に参加して得たモノは一生モノです。今回学んだことを活かして、これからの人生をより良い物にしていきます。
 
今治東中等教育学校6年生
竹田 涼力くん
 私は、こんなにも就労困難者を雇用している会社があるのを知りませんでした。話を聞く前は、リスクがあるのではないかと思っていました。しかし、社長の話を聞いて考え方が変わりました。その中でも印象に残っていることは、一人一人のできることできないことをうまく判断し、その人に合う仕事をしてもらっているということです。そうすることにより、毎日充実し、社員からの信頼も得られていると思います。有難うございました。
 
今治東中等教育学校5年生
大内 雄登くん
 私がとても考えさせられたことは失敗を恐れないということです。パイプドHDの佐谷社長は夢や目標は無理に持つものではないとおっしゃっていました。私は、高校二年生なので将来自分はどのようなことをするのかをいずれは決まることになると思います。しかし、すべてのことは計画どおりにはいかないことが多いので、今できることに一生懸命に取り組みたいです。
 
今治西高等学校1年生
馬場 悠輔くん
 社長さんのお話を聞いて、友達や友達の意見を大切にしたいと感じました。今までは、自分の意見を一方的に相手につきつけることが多かったので,これからは周りの意見をきいて、他人の考えを尊重したり、自分の考えにしていくようにしたいです。また、ユニークな政策で会社の雰囲気を良くするなど、見習うところがたくさんありました。僕も友達と一緒に会社を作りたいと思っているので、とても勉強になりました。

今治北高等学校1年生
阿部 力輝くん
 5つの会社の社長の話を聞いて思ってことは、どの社長も、社員を大事にしているという所です。カヤックの社長の柳澤さんが言っていたように、会社は大きくなるものなので、やはり社員との繋がりが重要なのだと実感した。社員と繋がるために、多くの会社が、社員同士、社長と社員とのしきりを立てていませんでした。そして、それぞれの会社で、働きやすいようにたくさんのルールをつくる、各自ですることを選ばせるなど特有の仕組みも作っていました。いずれも社員の考えを尊重するというものでした。相手の考えを知るためには、コミュニケーション能力が必要だと感じました。この留学を通して、得たものは、これからの私の人生に役立てます。


概  要 企業訪問 参加者の声 ベンチャー新聞

<高校ベンチャー留学新聞> 
 画面をクリックしてご覧ください(全4ページ)
copyrite.2006 Imabari-city All rights reserved