バリバリトップ訪問日誌

“らくさぶログ”から抜粋
らくさぶろうさんのブログは⇒http://blog.livedoor.jp/rakusaburou/


くわしい内容は、らくさぶろうの「バリバリ・トップ直撃」に掲載

らくさぶろう さん
清光堂 (株)母恵夢本舗
(株)上脇 丸鷹産業(株)
竹中金網(株)その2 (株)伊予桜井漆器会館
竹中金網(株)その1 小原畜産加工(有)
森のともだち農園 伯塩産業(株)
工房織座 柚山瓦工業(株)
(株)四国ライト 神村鉄工(株)
呉服すがたや(株) (有)木下ソーイング
(有)常正 近藤繊維(株)
(株)一笑堂 白石鉄工(株)
(株)八木サッシ制作所 (株)オリム (株)車金商会
(株)菊銀製瓦 今治コミュニティ放送 七福タオル(株)
千年松 池内タオル(株) 渦潮電機(株)
【Profile】
1965年、愛媛県大洲市に生まれる。
幼いころから、音楽好き(特に歌謡曲・演歌)に育つ。
中学生の時に吹奏楽に出会い、音楽の教師を志すが、大学時代落語研究会にどっぷり浸かっていたため、教師の道を断念。テレビ番組のオーディションに合格したことからこの道に入り、テレビ、ラジオなどに出演するようになる。
現在は司会・講演などの多忙の毎日。
▲このページのトップへ




●(2009.01.20)
株ェ木サッシ製作所

スキマ!



ちょっと画像がごちゃごちゃして見にくいかな?

隔月で行っております、今治の企業訪問。
冷たい雨の中、波方の株ェ木サッシ製作所さんへ。

注目はコレ。
『狭所用あし場』!!

足場って、思ったよりスペースが必要で、従来の足場が使えない狭い場所や、
傾斜面などで有効に使えるものを開発されました。
実際、現場の声から産まれた製品なんだそうです。
まさに“スキマ”産業??

特許も取得、あとは仮設工業会というところの承認待ちだとか。
これから全国へ向けて今治から発信される期待の製品!

いつもこの取材をするたびに「ほ〜」「へ〜」と感心するばかり。
この「ほ〜」「へ〜」をどう文章にするか。
コレが私の生きる道。ふふ。
今治地場産業振興センターのサイトでアップ予定です(はよ仕事せな・・・)。

若社長(「わかしゃちょう」で変換したら何故「和歌社長」と出るかな)は
地元で継ぎ獅子の中心メンバーとしても活躍。
プロレス好きの男前さんでした。
ブログもされてるとか。
早速覗いてみよーーっと。

『狭所用あし場』がどっかーんと売れますようにっ!!
▲このページのトップへ




●(2008.11.21)
葛e銀製瓦
渡る世間は。



最近はドラマの影響か、「渡る世間は鬼ばかり」の方が慣用句だと思ってる人が多いとか。
ここんとこ、お父さんたちのバンドの話になっちゃってますが。

ま、それはさておき。

いい顔の鬼ばかり並んでるでしょ?

菊間の菊銀製瓦に取材に行きましたのよ。
そしたら今ちょうど遍照院さんの厄除けの鬼瓦を作ってる最中で、
大きいのからこまいのから、ようけ作りよいでたわい(なぜか急に伊予弁)。

鬼といっても、どことなく愛嬌があり、可愛い。
うちの事務所の玄関に置いてる鬼瓦はここのじゃったんじゃ!!

社長さんのお父様もますますお元気で、究極の鬼師。
こうなったら芸術じゃね。
そして何よりびっくりしたのは、社長さんの娘さんが鬼師の修行中!
二十歳でっせ〜!!

小さいときからじいちゃんのそばで、瓦用の粘土をこねこね。
もうそのころから将来進む道が見えてたのかも。

来年二月、遍照院さんで見かける鬼瓦はこの若き鬼師の作ですぞ!!

帰り際、「これどうぞ。」と、ミニミニ鬼瓦をいただいた!
ボトルキープに使うといいらしい。

どの店に置いとこ?


↓その翌日のブログ(2008.11.21)
昨日のつづき。

この瓦だけは見てもらいたかったんで、昨日に続いて載せました。
すげーでしょ?
蝶々です。
さすが、女性鬼師!でしょ?
▲このページのトップへ




●(2008.10.03)
千年松
黒っ!


今治・地場産業センターの恒例取材。



今回は待ちに待った『千年松』という民宿です。
ここは大人気で、なんせ目の前に広がる砂浜、海、しまなみ海道・・・。
まずロケーションが人を惹き付け、「うわー」という声を出してしまう。

そしてお風呂。
『満天の湯』という絶景の風呂。
あー、悔しい、今回は取材なのでお風呂までは体験できなかった。
実は女将さんに話を聞いている間、地場産のスタッフは何人か入ったらしい。
くぉぉぉーーーー。

今回は取材のあと、地場産のみなさんと懇親会!!
だからバスで11人が乗りこんだのであります。

ここ『千年松』にはメニューは一切ありません。
予算に合わせて、その日一番ウマイものを提供してくれるんです。
まずイギス(海草)のゼリーとワカメの酢の物。
そしてタモリ(なんだっけ?別名忘れた)の煮付け。
そのタモリを食べているときに、スタッフが持ってきてくれたのがこの黒い物体。
「なんですかーーー??」と尋ねると、「アオリイカです!」とのこと。

イカって白くないんですか???

どうやら、今水から揚げたばかりで、怒っているのだそうな。
しばらくするとイカらしい白になるんだって。
あ、ほんとほんと、だんだん白くなってきましたよ。
「これを刺身にしてまいりますので。」
わー、楽しみ。

ビールから焼酎に変え、ちびちびやってたところに刺身登場!
なんと一人一桶。
そこには天然鯛、あこう、さっきのイカ、そして一緒にそうめんが。
このそうめんがまた凝ってて、つけるモンが二つある。
まず地鶏の卵黄がぽとりとおとしてあるめんつゆ(鯛の出汁入り)。
そして魚の煮汁のにこごり。
えっ!にこごりにそうめん?
これがまたうまいのなんの。

その後はもうかけましぇーーーん。
最後の鯛めし茶漬けまで、これでもかーーー!といった魚料理ラッシュで、大満腹。
大満足。
あ!海鰻なるものを人生初めて食しましたぞ。
あっさりしておりましたぞ。


▲このページのトップへ




●(2008.07.19)
清光堂
最中!


『さいちゅう』ぢゃないよ。『もなか』です。

今治の・・・
あー、ごめんなさい、今日の更新これまで!

後日ゆっくり書きます!

↓その後日のブログ(2008.10.18)
ぷるるん。


朝は、あまり食欲がないのだけれど。

すこーしだけ、果物とか、ゼリーとか、パンとか欲しくなる。

そうそう、先日今治の清光堂さんからいただいた、みかんのわらび餅があったぞ!
冷凍庫に眠らせておったぞ!

室温で約二時間。
どうだろ、解凍できたかな。

この『みかんわらび餅』は、上質の温州みかんの果汁をたっぷり練り込んで作ってある。
容れ物もみかんを使い、見た目もかわいいので人気を呼んでるのよ。

フォークで触ると、ぷるるんという弾力が伝わってきた!

おお、ほどよく解凍されてるな。

口に含むとみかんの香りが・・・。
甘過ぎないのが朝にはうれしいですなー。
思ったより量があり、二人で分けてもいいぐらい。

たっくさんいただいたので、しばらくは“朝みかんわらび餅”が続きそう。

▲このページのトップへ




●(2008.07.18)
鰹纔e
なんと虚子がっ!


恒例の今治・シャチョーさんシリーズ



まずタオルの鰹纔eさん。

最新技術にびっくり。
キティちゃんのハンドタオルはほぼここで作られているということにびっくり。

そして、今後新たに展開しようとしているブランド『菱花(りょうか)』。
今度ドバイで展示会するそうな。
連れて行ってください!!

あ、いやいや、この“菱花”というネーミングはどこから?
と訊いて、またまたびっくり!!!

実は今の社長のお父上が俳句をたしなんでおられ、『ホトトギス』の同人だったとか。
その俳号が“菱花”で、この名前はななななななななんと!
虚子が命名したものだという!!

おおおおおお!
びっくりくりくりくりくりくりーーーーーーー。

お父上の俳号が今治のタオルの新たなブランド名に。
なんて素晴らしい!!
こういう出会いがあるのだなぁと、あらためて感激して帰りました。

ちなみに画像はその菱花ブランドのタオルマフラー。
「あげるよ!」と、社長さんにいただきました。
今の季節は暑いですが、秋口から使わせていただきます!
なーーんか、これしてると俳句がどんどん出来そう。

サンリオの会社の社長室には、この会社で作られた一枚10万円の大きなタオルが飾ってあるとか。

今治って奥深いわー。
いつ来ても思う。


▲このページのトップへ




●(2008.05.22)
竹中金網鰍サの2
織る!


正解は・・・



『金網』でした。

昨日の画像は、金網の縦・横の金属の糸(線)に、波型をつけるための器具でございました。
そらわからんわな。

取材に伺ったのは、『竹中金網株式会社』。

金網ってどうやって作るのか考えたことも無かったけど、
タオルのように“織機”があって、縦・横を織るようにしてこしらえるのです!
ちょっとビックリ。
その材料に波型をつけて、ニーズに合わせて調整していくんだそうです。
『クリンプ金網』と呼ばれてます。

↑今、“金網”と打とうとして、“観阿弥”と打ってしまいました。
いきなり能舞台です。

さて、この竹中さんとこの金網は全国からオーダーがきていて、すべてフルオーダー製品。
今日注文が入れば、今日か明日中には出せるというスピード。
いろいろな材質が揃えられており、全国一という。スゲー。
「竹中に言えばなんとかしてくれる」と言われておるそうで、まーなんとも頼もしいじゃあーりませんか。

しかしワタクシたちが毎日のように目にするものではないとのこと。
だから、焼肉屋さんの金網とかは作ってないんですね。
工業用・建造物等に幅広く使われております。

こんな取材の仕事をいただかないと、たぶん一生知らなかっただろうな、金網の作り方。

「へー!」「へー!」と、口あんぐりしながら専務さんに話をきいておりました。

この取材の模様は・・・
『今治地域地場産業振興センター』で検索して、
『らくさぶろうのバリバリトップ直撃!』のバナーをクリック!!
これまで出会った社長さんを見ることができます。
竹中さんとこはもうちょっと待ってね。
がんばって原稿書きますよってに!!

▲このページのトップへ




●(2008.05.21)
 竹中金網鰍サの1
クイズ。


ずらっと並んだこの歯車のような部品。



ずらっと並んだこの歯車のような部品。

さて、何をつくるためのものでしょうか??

ヒント1 今治に行って取材しました。

ヒント2 タオルではありません。

ヒント3 “ふるい”

これでわかったらすごい!もしくは関係者!

答は明日のこのブログで。さてさて、取材もふくめ、今治をうろうろしましたが、
6月13日の落語会の反応上々!
今治CATVでも流してくださることになりました。
あと、タウン誌『is.』の6月号でも取り上げていただきます。
6月1日発行です。

チケットもいきなり○十枚売れました・・・感謝。

▲このページのトップへ




●(2007.07.14)
森のともだち農園

マコモマン!


今治・社長さんシリーズの続きです。


玉川の森さんという女性を取材。お宅に伺った僕たちを迎えてくれたのは、あっと驚くようなひょうたんの数々。ひょうたん畑は生まれて初めて見た!
森さんのお父さまがひょうたん作りのプロで、何度も賞を受賞されてるとのこと。今年も大きく育っております。台風の影響が心配ではありますが。

森さんの畑では、ブルベリーがたわわに実をつけており、これは『媛ベリー』という名前で出荷されてます。実際に食べさせてもらったところ、酸味と甘味がちょうどいい感じで、この夏が楽しみ〜。ケーキやジャムにも使われてます。どこかで見かけるかもね。

また、秋になって収穫できるのは、マコモダケという植物。地域興しのためにブルベリーとともに長野からやってきた食材です。
マコモはまだ食ったことないんで、どんなモノか興味津々。秋になったら分けてくださるという約束!アスパラと筍の中間のような食感・・らしい。んー、どんなんかなー。
森さんはマコモを広めようと、マコモマンというキャラクターを作り、奮闘中。私はマコモ大使に任命されましたので、これからマコモを世に広く宣伝しようと思ってます!さあ、秋にはどっかの居酒屋でマコモパーティーでも開催しようかね?どっか、企画にのってくれるとこありませんかー?
▲このページのトップへ




●(2007.07.13)
 工房織座

よろよろっ。


月1企画、今治の社長さん取材決行〜。



今回は今治の玉川ぞな。
国道317号線を・・おおっ、石手川ダムほぼ満タン!
よかったー。でも今度は大雨による災害が心配。
うまいこといかんもんやね。

『工房 織座』は、ログハウス調の建物。
ここで織物を作っている武田正利さんは元タオルメーカーの工場長。
コットンマフラーの開発者であーる。
今では古い織機を敢えて使うことで、他のどこにもない織物が産まれる。
マフラー、ショール、帽子などが美しく並ぶ。

染物はその風合いがなんともやさしい。
それぞれ素材によって微妙に色が変わり、おもしろい。
黄色に見える色でも何色もあって、ただ“黄色”と、ひとくくりには出来ないようだ。

画像はここの織機だからこそ出来る、『よろけ縞』の商品。
技術的に難しく、手間もかかる。
縞が真っ直ぐではなく、よろけているように見えるので『よろけ縞』。
僕も着物で『よろけ縞』のものを持っているけど、なんでしょうね、この粋なネーミングは。

今のところ経(たて)よろけだけだけど、現在、緯(よこ)糸もよろけさせる研究を
していると伺った。早く見てみたいですな。

ハンチングが好きな僕は、思わずこれ買ってしまいましたぞ。
手にとってみると、とーーーっても涼しげ。
これからの季節もバッチリじゃー。
これ被って、二番町あたりでよろよろせんようにせにゃいかん。

織座には武田さんのお嬢さんもいらっしゃる。
自社のモデルにもなり、広報・営業をこなす才女。
もっともっとこの織座の商品が全国に広がればいいなぁ。
皆さんもネットでも買えますので、『工房 織座』で検索してみてケロ。
▲このページのトップへ




●(2007.05.16)
 且l国ライト

変な形のボルト

夏に向けて。



約5センチほどでしょうか。
何のボルトでしょ?


毎月恒例の今治・社長さんを訪問取材。
毎回2件伺うのですが、今日のブログはまず1件目『四国ライト』様でございます。
何の会社かと申しますと“安全をつくる”・・・道路のラインや標識、ガードレールなどを設置、関連商品の販売。

あ、ガードレールと書きましたが、現在はガードパイプと呼ばれる防護柵を提案し、
実際に施工してるそうで・・・。
どこらへんにあるかお分かりか???
国道196号線の海沿いはほとんどガードパイプなんですよーーーー!!
聞いてみてビックリ!
そういやあ白いガードレールじゃなく、パイプになってますなぁ。
詳しくは書きませんが、安全性ということと景観面でしょうか。

そういえば!
パイプだと海や夕日がよく見える!!
ほー、気づかないで車で走ってたなー。

今は双海のラインも替わってきてるそうなんで、通る方はちょっと意識してみてくださいませ。

そして画像のボルト。
2年前、ガードレールに金属片が挟まってる、不思議な現象が報じられたことがありました。
誰の仕業か?
何かの信号か?
なんて騒ぎになりました。
しかしこの会社では初めから「あれは車の一部だ」と判断してたそうです。
現場を知るかたは。
車が接触するとボルトのわずかな隙間に薄いボディの一部が剥げて挟まってしまう。
新聞の取材も受け、全国で初めてそのコメントが発表されたとか。
そこで社員の皆さんで「どうにかあのボルトの隙間を無くすことができんか?」と
アイディアを出し合ったところ、この形が浮かび上がったということ。

なるほどー。
取材中僕はずっと「ほー」とか「へー」とか感心ばかりしてました。
ボルトは真ん中にねじの部分があるのが当たり前だと思ってましたが、
ちょっとした発想の転換でこうなるか。
いや、ちょっとしたというがそれは今までの経験・技術に裏づけされたものが無いと
なかなか出てくるものではない。
ううむ。
勉強になった。

ほかにも感心したことはいっぱいあったけど、ちゃんと地場産のホームページに
書こうと思ってます。

さ、明日は・・・

♪味の作曲家〜
♪かんかんかんかんばんさんかん
♪焙煎にんにく香ばしい〜
♪そら、ドレ〜 ららら〜 そら、ドレ〜

そう、いよいよあの会社に潜入〜!

▲このページのトップへ




●(2007.04.11)
 呉服すがたや

浴衣生地

夏に向けて。



パッと見てこれが何かわかった人、なかなかやりますな。


これ、浴衣の反物でござい。
男物。

今治の呉服屋『すがたや』さんに行ってきました。
ここは着物を置いてるだけじゃなく、表に『ぎゃらりぃ風早』という素敵なスペースがある。
このぎゃらりぃはもう8周年!
3周年のときにワタクシの手ぬぐいのコレクション展をさせていただいた。
あれからもう5年?早い。

ここのご主人はヒジョーにインパクトがあるお方で、いっぺん見たら忘れられん。
なんか、人を引きつけるというか。
こういうご商売にはピッタリ!のご主人。
いつもいろいろと着物について教えていただいてる。
季節に合わせて何を着るか?
この場所にこれは合うか合わないか?
ルールがあるからこそ面白いんですねー。
これは落語に通ずるとこがある。

この夏に向けて、浴衣の生地がたくさん入荷してました。
江戸時代から残ってる古風な柄が今逆に新鮮だったりする。
男物にもおもしろいのが色々あって、どくろ、自転車、こうもり、うなぎ・・・
当時は前衛的な柄じゃなかったのかなー。

さぞ高いのでは?
と思ったが、そうでもない。
画像にはないが、渋い緑の地に“いろはにほへと”の柄の反物を勧められて・・・。
たぶん決めます!!
しかし仕立て込みで○○○○○円ぐらいでっせ、奥さん。

麻の織物があって、これはこれはええ柄でええ肌触りで・・・。
まあ、お値段もええ値段でしたが。
麻は真夏に着てても涼しーーーー。

いつもここに来るとあらためて「着物っていいなー」と思う。

一緒に行ってた男性スタッフは奥様にお香のお土産を買い、
女性スタッフは友達に置物?を買い、
ワタクシはやのひろみさんへ一ヶ月遅れの誕生日プレゼントを買い。
きっとやのさんにぴったりだ、と思う。どうかな。

今治のお近くを通られる方、ぜひ一度『すがたや』さんへ。
▲このページのトップへ




●(2007.03.16)
 居正 & 活齒ホ堂

ユニクロ創業者筆

ビビビ。



恒例の今治の社長さん訪問。


みなさん、ユニクロってフランチャイズの店があるの知ってました??
僕は全部直営店だと思ってました。
ががが、今治にはフランチャイズ形式で店を持ってる社長さんがいたのです!

その名は作田憲一、38歳。

もともとユニクロの社員で、初めての配属で今治に来たのだそうで。
それから転勤、出世?を経て本部の幹部社員へ。
組織の中の一人ではダメだと一念発起、フランチャイズを申し出る。
全国でほんの数店、かぞえるほどの珍しいケースだ。

話をしていて、あ、この人はキレる人だなと感じた。
『キレる』って書くと『ぶちキレる』みたいだけど、賢明な読者の皆様はおわかりですね。

で、ひょっとしたらこの人とは長いつきあいになるんでは?とも思った。
そういうことがたまにある。
何故かはよくわからん。
少し同じ匂いを感じたというか、なんというか。

今治をもっと熱くしたいと語る作田さん。
いろいろ企んでるようです。
楽しみ楽しみ。

取材を終えて部屋をでようとしたその時、一枚の色紙を見つけた。

作田憲一君へ
店は客のために
店員とともに栄え
店主とともに滅びる。

柳井正

おおおおおおおおおお!
現ユニクロ会長、柳井正さんの直筆ぢゃないか!!
重い言葉だ。
店主とともに滅びる・・・ううむ。
私たちにも通ずるところが大きいぞ。
肝に銘じるべし、らくさぶろうよ。

その後『一笑堂』さんの社長さんを取材させていただき(鶏卵饅頭うまかったっす)、
夜はそのまま今治の地場産業振興の異業種交流会に出席。
ここでは様々な経営者の方々とお話が出来た。
食べるのも忘れ、しゃべりまくった。
気持ちよかった。

今治市の産業振興課に同い年のF君がいる。
気の合う彼がいつもこういうセッティングをしてくれ、ありがたい。
ただ僕がいつもすまなく思うのが社長さんシリーズの原稿が遅いこと。
すまないねー、今週末にはどかっとお届けしますので!

▲このページのトップへ




●(2007.02.22)
 潟Iリム & 今治コミュニティ放送

もってこタオル

バリ。



バリバリ、今治〜!

今治の社長さん取材シリーズ。
いかにタオル屋さんが多いか!
しかもそれぞれが個性あふれる商品を産み出しておられる。

今回は『オリム』。
“織る 夢”でオリムとしたらしい。かっこいい名前の会社だ。

今一番売れているのが画像の『もってこタオル』。
その名の通り、どこへでも『もっていこう』という気になる軽さ。
繊維に特徴があり、石鹸の泡立ちがよく、泡切れも早い。
よくありますねー、タオルの石鹸がなかなか落ちないってこと。
何度もすすいで、まだなーんか残ってる・・・。
それが無いんだそうですわ。

これが日本経済新聞(しかも東京の夕刊)に記者リポートとして掲載された途端、
ばんばん注文がきたとか。
さすが日経。

大好きな銭湯に持っていこう。
これで湯上りの拭きタオルにも使えるんだそうだ。
大きなバスタオルを持っていかなくてもいい。

最近新しい銭湯を開拓してないなー。
北条の大きなお風呂や、リニューアルオープンした伊予鉄もまだ。
久しぶりに観音寺の『琴弾回廊』に行きたくなったぞ。
夕日が海に落ちる時間、あそこは最高のロケーションざます。
ただ周りになーんも無いので風呂出てから車で走らないとゆっくりできません。

話は戻る。
『オリム』のあと、もう一件。
今治のコミュニティFM、『ラヂオバリバリ』も取材。
はー、もう5周年になるのね。
しまなみ海道開通のときに友近と一緒にしゃべらせてもらったのがなつかしいぜ。
あれはまだ開局前だった。

パーソナリティ140人あまり、ボランティアでやってるからすごい。
医者、坊さん、弁護士、高校生、呉服屋さん・・・。

こまわりのきく、小さい局ならではの気概みたいなものを感じました。
がんばれ、黒田シャチョー!!

▲このページのトップへ




●(2007.01.18)
 池内タオル

僕もハンカチ王子気分

見つけた!



遅ればせながら、ハンカチ王子がらみネタよ。

今治の社長さん取材シリーズで、今回は池内タオルさん。
ここのオーガニックタオルは、その筋(どの筋じゃい)の人に大人気で、
今や世界へ拡がるタオルなのですぞ!

風力発電のエネルギーを利用して作られるので『風で織るタオル』として知られております。
遠くからも買い求めに来たりするんだって!

社長さんはなんと中島みゆきのコアなファン。
ハンパじゃねーっす。
みゆきサマがデビューする前から知ってたというからびっくりくりくりくりのすけ!

だからインタビュー後半は中島みゆき話になり、まわりのスタッフはちんぷんかんぷんだったと思われます。
はははのは。

で、ショップを覗くとこの画像のタオル発見。
これはあのハンカチ王子・斎藤投手に、今治西高の宇高クンがプレゼントしたタオル。
だから最初のブツ(中国製らしい)とは違うけど、そのおかげで飛ぶように売れたらしい。
宇高クンもいいタオルはやっぱり分かるんじゃね〜

今回は取材スタッフとの懇親会があるので今治国際ホテルに宿泊させていただく。うれピー!
ここの風呂は広くてサウナもちゃんとあり、気もちよかべーなのよ。
早速入ってのんびりしましたわ。

一軒目は『漁亭』という居酒屋さん。
なかなか魚が美味い!鍋も具沢山!
ビールも最初ちがう会社だったけどキリンがあるかきいてみたらケースごと調達してくださった。感謝!
おいしい肴に酒を飲んでいると、スタッフの中の一人にジャガー横田の旦那ばりの恐妻家の人に話が集中し盛り上がる。
家に入れてもらえなかったり、出てイケ!と言われ素直に出ていったり。
げらげら笑いながら飲んでて、あー、なんやかんや言いつつこの方は奥さんを愛してるなあと思った。
なんかほのぼのとしましたわ。

二軒目、三軒と付き合わせてしまった皆様、本当にありがとうございました。
がんばって原稿書きます・・・。

▲このページのトップへ




●(2006.12.20)
 兜鼬b夢本舗

らくさぶろうも大好きなお菓子「ポエム」

ははのめぐみの。



月1恒例、今治の社長さん訪問ー!

母恵夢本舗にお邪魔しました。
あー、母恵夢って物心ついたときからあって、やさしい味の大好きなお菓子どすー。
あの皮(そとがわ)の薄さが絶妙だと思いません??

母恵夢ときくと全部一緒だと思ってたけど、実は松山の母恵夢と今治の母恵夢は会社が違うんだってー。
へーへーへーへー(かなり古。)
だからシュークリームやパイなど味が違うそうな!
食べ比べてみるべし!!

母恵夢を冷凍庫で凍らせて食べるのはもう常識?だと思われますが、
取材した専務さんも「冷やして食べるのはお勧め」とおっしゃいました。
母恵夢と牛乳のコンビも絶妙ですな。
コーヒー牛乳も合うな、きっと。

ベビー母恵夢を考えた人は誰?
表彰状あげたいわ。
あのサイズはいいですね、ほんと。
取材中も頭の中に母恵夢のあのやわらかさとふくよかな味がぐるぐるしておりました。

さあ、これからクリスマスケーキ商戦!
スタッフは大変じゃー。
お付き合いもあるやろし。

24日は仕事じゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!

▲このページのトップへ




●(2006.11.16)
 丸鷹産業

スポーツチャンバラ 公式ユニフォーム

ストレス解消にいかが?



何のユニホームでしょうか??

昨日のつづき。
今治の社長さんシリーズ。もう何人目かなあ?
桜井にある、丸鷹産業株式会社さまどす。
ここはスポーツウェアー専門。
YARDERとかKARDERIというブランド見たことないですか?

この会社が今総力を挙げて作ってるのがこのユニホーム!
そうです!!(何がそうなんだ)

スポーツチャンバラですーーーーー!!

最初聞いたとき「えっ?スポーツチャンバラ?売れるの??」
と思ったけど、最近までバラバラのジャージでやってたスポチャンが統一して
ユニホームを決めることになり、そのライセンスをこの丸鷹さんが取得したのです!
愛媛ではそんなに流行ってないけど、これからこれから。
実は世界大会なぞ開催されており、ブーム間近!といったところなんどすえ。

スポチャンというと、僕は「金八先生」でしか知らなんだ。
生徒たちのストレス解消と武士道を学ぶ…とかなんとかでやってたような。
やってみようかなぁ。
どんくさいんで、たぶんビシビシやられそうだが。

▲このページのトップへ




●(2006.11.15)
 轄井漆器会館

桜井漆器製のコンセントカバー しっきっ!

今治の社長さんシリーズ。

これらはすべてコンセントカバー。
しかも桜井漆器ですぞ。
活ノ予桜井漆器会館では、毎年新しいスタイルの漆器を開発しておられ、
今年はこのコンセントカバーが誕生した。
これから建築される家の和室に提案されるとか。
いいんでないの、これ。

昨年は漆器をうまく使った鞄を作り、えひめ伝統工芸大賞を受賞。
新聞などに取り上げられたので、見たことがある人も多いはず。
実際に手にとって見ましたが、着物なんかに合わせるとかっこいいですわ。

漆器って、日常ではあまり使わなくなった。
水屋の隅に吸い物椀が眠ってるくらいだけど、社長さんは日常の器として
もっと若い人も使ってほしいとおっしゃる。
確かに新しい感覚の食器や酒器を見てると、毎日使えるものがいっぱいあった。
何より値段が想像以下だった。
もちろん値の張るのもあるけどね。

あまりに惹かれて、コーヒーマグを買いました。
これでブルマン飲んだらうめーぞー。
あ、ブルマンは見栄張りました。

晩飯でキュウリの醤油マスタード和えを食う。
キュウリを叩いて醤油とマスタード(粒の方)で和えただけ。
これがウマかった。マスタードーーーーー!!!!

ここでイベントのお知らせよ。

★バリバリものづくりおもしろフェスタ2006★
平成18年11月19日(日)9時〜17時 今治・地場産業センター(国際ホテルそば)
♪わくわく科学実験オンステージ(サイエンスショー)
♪クイズでラリー(東京ディズニーランド招待券など当たる!!)
♪地場産品を計ってみよう!
♪今治キッズ商店街(子供たちが商売します!)
♪じばさんお取り寄せの逸品(ネットで全国一位などの逸品)
♪今治のうまいものチャレンジ市場(新・塩ラーメンなどなど)

このワタクシの「社長さんシリーズ」の展示なども行われます!
ぜひおでかけをば。
▲このページのトップへ




●(2006.10.19)
 小原畜産加工

素材、製法にこだわった ハム・ソーセージ 小原〜!★★★★。

小原といっても、南海放送アナウンサーではござらん。
小原ハムという会社でござる。

昨日のつづき。
今治の社長サン訪問、吉海(大島)へ。
ここになんとハム工場がある。
聞いたことはあったけど、食べたことはない。

いろいろと社長に話を聞いていると、やっぱり食べてもらわんと・・・ということに。
まずボンレスハム。
大きい。ハム独特のぷーんとした匂いが無い。
噛むと肉の旨さがじゅわっと出てきた。
ちょうどいい塩加減。ご飯を包んで食いたいー。

次にスモークウィンナー。
今作ったばかりのを・・・と、奥様が持ってきてくださった。
おお、これは香ばしい。出来たてだからあたたかく、脂も旨いぞー。
これはパリッと軽く焼いても絶対イケる。ビールだな、これは。

もう一つ、試作品のウィンナー。
菊間の仙高ポークというブランド肉を使ったウィンナーだ。
そして今治のあるものが入ってて、歯ざわりがなんともいえない。
発売までもう少し、お待ちくだされ。
これは新しいウィンナーが誕生ですぞ。

大手とは違い、たった6人でハムやベーコン、ウィンナーを丁寧に作っている。
そんなに広くは流通してないけど、先代が遺した製法を頑なに守って作りつづける。
家に帰ってもどうしても食べたくて、買ったウィンナーをぱきぱき食った。
うん、ビールに合う合う。
明日はハムエッグしようかなー。
▲このページのトップへ




●(2006.10.18)
 伯塩産業
天日塩 ブツ。

取材中、ブツ発見!
末端価格はどれほどに???

今治の社長さん訪問シリーズで、今回は伯方島へ。
伯塩産業株式会社を訪ねました。
だからこのブツは塩の素・メキシコから輸入された天日塩でござんして、
決してあやしーブツではござんせん。
だからこれだけで末端価格は数円といったとこか。

伯方島で、塩の会社だから「はっかったっのしおっ!!」で有名なトコ・・・ではないにょよ。
いい意味でライバルの会社らしいです。

人気の「塩舞(えんぶ)」という商品はミネラル・にがりがとても多く、
天ぷらやおにぎりにつけるとその旨さがよくわかるそうで。
実際舐めさせてもらったけど、うん、違う!
ただ塩辛いというのとは違って、うまいぞこれ。

最近ある人の影響で白身の魚の刺身に塩をつけて食べようと思ってるんで、
この塩と岩城のレモンでやってみちゃろう。

製造中の工場を見学。
働いてる女性の方のお肌がみんなきれい。
ひょっとしてミネラルが???
一緒に写真を撮ったりしました。

これからは高年齢の方々のために工夫された塩や、
ちょっと驚く、色のついた塩などが開発されていくそうで、楽しみ。
お土産まで頂いてかえりましたとさ。(「らくやのぉ」で差し上げますわよ。)

明日は、ここの塩で作ったあるモノを紹介します〜!!
▲このページのトップへ




●(2006.09.13)
 柚山瓦工業

鬼瓦「夫婦龍」。大作です。 渡る世間は。

ピン子VS沢田雅美じゃないよ。

今治の社長さん取材シリーズ。
今回は玉川&菊間のお二人。

菊間といえば瓦。いぶし瓦。
今治城の門が新築されるため、何万枚もの瓦が作られている。
しかし70件を超える数の製造所は今や半減しているそうだ。

クイズです。
菊間瓦のライバル産地はどーーーこだ?
答えは後日!
忘れる可能性あり!!

で、菊間瓦といえば鬼師。
鬼瓦専門の職人さんを訪ねたところ!!!
画像の鬼瓦を発見。
これって瓦?展覧会に出す彫刻といってもいいほどの“作品”である。
夫婦龍なんだそうで。
これって完成したらどこに行くと思います?

個人宅なんだってーーーーーーーーーー。
どんな金持ちやねーーーん!!と現場で突っ込んどきました。

鬼瓦は近くで見てかっこよくてもダメなんだって。
社長さん曰く「建物の上にあげてなんぼのもん。」
なるほど。

帰りに組合に連れてってもらい、厄除けのミニ鬼瓦をいただく。
玄関に置いとこう。
本厄の今年、実は御祓いに行っっとらんもんね。
(ほんやく・・を変換したら、翻訳しか出てこん。)
▲このページのトップへ




●(2006.07.05)
 神村鉄工

神村鉄雄社長写真 上を向いて歩こう。

このお方、だーれだ?

ヒント @日本一
     A大街道・銀天街
     B雨に濡れずに・・

分かりました?

正解は・・・今治・神村鉄工株式会社・神村鉄雄社長でしたー。
あ、まだ何のことかよく分からない??

えー、なんとこの会社、商店街のアーケードの全国シェアbPなんです!!

今治の社長を訪ねる企画で、毎月2名のシャチョさんにお会いしておりますが、
いやー、いまはるは凄い人がよーけおいでらい。

今回も「日本一の社長に会いますよ」と聞かされてて、
「何の日本一?タオル?ネットのお菓子?」
なんて言ってると、「アーケードです」と返事が。
「あー、そー、アーケード。・・・あ、あ、あ、あーけーどぉぉぉ???」

アーケードを造る会社は、全国に4社あるらしい。
逆にいうと4社しか無い、ので、プレゼンにはいつものように同じ顔が並び、
あ、こいつまた来とるな、なんてことになるらしい。
その4社がしのぎを削る中、常にトップなのがこの神村鉄工というわけです。

アーケ−ドに対する愛情と誇りを社員は常に持っている、とおっしゃった。

あらためて仕事にたいする姿勢を教えてもらった。

毎朝のように座るラジオスタジオにはこう書いてある。
『檄!情熱こそすべて!』
しゃべっている数時間に愛情と誇りが持てるよう、前を向いていこう。
あ、アーケード見ないかんので、上も向いて歩こう。
▲このページのトップへ




●(2006.06.07)
 許リ下ソーイング

「花ひらく」ロゴ あーら不思議〜。

社長さんシリーズで今治へ。

木下ソーイングの社長さんはとっても熱いお方!
20年前脱サラしてタオルの加工業を立ち上げる。
ほかとおんなじことしとったらいかん!という発想で、長年あたため、研究してきた
臭いを吸収するタオル(繊維)を開発!!
まあ試しておみや、ということでアンモニアが入った袋にそのタオルを入れて5分。
くっさーーかった袋の中がまったくの無臭に。
おわーー!
いろいろと話を聞いた後、「モニターとして使ってみてください」とシーツやジャケット、
タオルマフラーなど頂戴する。
よし、この梅雨〜夏、ワタクシの臭いを吸い取ってもらおーじゃないの!!
特に枕カバー。知らず知らずのうちにくってるよだれ。
(なんでよだれは「くる」って言うの?)
あの嫌な臭いをお願いしたい。

登録商標が「花ひらく」でございます。
念ずれば!!
▲このページのトップへ




●(2006.05.10)
 近藤繊維

コンテックスの「てぬぐいたおる」 穴場うわ〜。

イナバウアーとの洒落・・・うわっ、さぶー。

ええとこ見つけたのですよ。
昨日に続いて今治に行っとったのですよ。いまはるに。
地場産業センター関係の、地元の社長さんの取材で。
で、一件目があのコンテックス!!
コントレックスではないぞ、コンテックスじゃぞ!!
愛媛のタオル業界でも有名なブランドですわー。

社長さんに通されたのが、すっごくシェレオな(おしゃれな)カフェ♪
会社の敷地にこんないいスペースが・・・知らんかったっす。
メニューも、抹茶や煎茶を中心にかなりのハイセンス♪
♪2個も使っちゃった・・・

もちろん自社のタオル製品も見ることが出来、購入もOK。
帰りに社長さんにいただいたのが画像の「てぬぐいたおる」。
薄くて軽くて長い。
これからの季節にピッタリの優れモン。

ここ、マジいいっすー。
デートの途中に、独りでふらっと、奥さま同士で、お出かけあそばせ。

コンテックスタオルガーデン 今治市宅間甲854-1 0898-23-3933  10:00〜18:00 月曜定休
▲このページのトップへ




●(2006.04.20) 「バリバリ・トップ直撃」レポートはこちら
 白石鉄工

開け閉め簡単のゴミ集積箱「ダスター」 特許。

今治の社長取材シリーズ?で白石鉄工へ。

ごみの集積場に設置する、鳥や猫を寄せ付けないすぐれもの。大きな力をかけなくとも、開閉可能。ここがポイントぢゃ。

地元今治を中心に拡がっているようだが、松山はアカンらしい。市がこういう規格のを設置するのを認めてないらしい。知らんかった・・・。どうやら作業員の安全のためらしい。詳細が分からないので何ともいえないけど、詳しく理由をきいてみたくなった。
便利なんだけどな〜。
それに、ひとケタちがうのか?というくらい安いのよ。ま、相場知らんけど。

ごみといえば、四月から松山市は分別が厳しくなったので、ワタクシ個人のごみ意識も変わってきた。いいこといいこと。しかし急に可燃ごみが減ったぞー。つうことは今まで可燃に平気で捨てとったモンがいかに多かったかじゃ〜。

ちょっと紙ごみがめんどくさい。しゃあないか。
▲このページのトップへ




●(2006.03.01) 「バリバリ・トップ直撃」レポートはこちら
 且ヤ金商会

さすまた画像 まわるまわるよ。

これなーーーんだ??
学校なんかに侵入してくる悪いヤツと闘う、「さすまた」でござる。
これを作ってる鉄工所に潜入調査!
って、インタビューしただけなんですが。

今治の「車金(くるまきん)商会」という会社は、創業明治26年。
今の社長さんは5代目。タイヤも販売しております。
鉄工所に入ると、独特の溶接の匂い。
いかにも・・という職人さんが働いておられる。
肥料など運ぶ猫車、台車などなど、何でも作る。
何年か前の農家の方の結婚式では、なんと猫車が引き出物として
50台も注文が来たんだって!!

このさすまたはある大きい企業の好意で今治市内の小中学校に52本設置されたそうです。
なるべくなら使わないで済んでほしいよね。
▲このページのトップへ




●(2006.01.12) 「バリバリ・トップ直撃」レポートはこちら
 七福タオル

七福タオルのハンドタオル画像 世界へ。

ハンドタオルざんす。
今治の社長さんに迫る!!という企画の取材で。
年末に一回、二本分の取材したんだけど、まだ原稿アップ出来てなくて・・・。
ごめんちゃい。

さて、なんといってもタオルです。
かわいいでしょ、コレ。
外人に非常に受けがいいとか。
名前入りのハンドタオルを名刺代わりに・・・なんてお洒落かもよ。
今度頼もう。

150ぐらいあるタオル会社の中で今回お邪魔したのは、
その名も目出度い「七福タオル」!!
じつはここのしゃっちょさん、東海大学の落研御出身っ!!!
今、飛ぶ鳥を二、三羽落とす勢いの、春風亭昇太師匠の後輩だそうで。
もう、タオルの話そっちのけで落語の話ばかりきいてました。

ま、詳しくは後日、ホームページ紹介しますんで、そこんとこよろしく。
▲このページのトップへ




●(2005.11.30) 「バリバリ・トップ直撃」レポートはこちら
 渦潮電機

小田副社長とツーショット 世界のうずしお

今治市の地場産業振興の関係で、市内の社長さんとの
トークをホームページに掲載するというモノ。

記念すべき第一回は、渦潮電機株式会社の小田雅人副社長サマ!

会社に入った途端、全社員の方々が起立してご挨拶いただく。
びっくらこいた。
別にオイラが偉いのでもなんでもなく、この会社では当然のことだという。
こっちのテキトーな挨拶を恥じる。

ま、詳しいことは近日アドレスを載せるので、新しいHPを見てね。

この日は、副社長の2人のお子さんの誕生日。同じ日に2人!
「すごいですね。計算したんですか?」と訊くと、
「いや、大体おんなじ頃に発情するもんで・・・」だと。
おちゃめな副社長率いる渦潮電機は世界にはばたくぞぉぉぉぉぉっ!!
▲このページのトップへ