<<No.007 <目次> No.009>>
 
No.008

防犯グッズに新商品登場

スナミヤ 外観
株式会社スナミヤ
所 在 地 : 〒799-1535
今治市登畑甲154番地1
代 表 者 : 代表取締役 砂見 明
T E L : 0898-47-3322
F A X : 0898-47-1702
主要業務 : 防藻(防汚)・防蝕塗料「ラインガード」「ピラコート」製造販売
防犯グッズ「マーカー」「防犯用メジャー」製造販売
パーティーグッズ「エアクラッカーガン」「ジョイフルクラッカー」製造販売
コンクリート構造物の劣化調査・診断
ノベルティグッズの製造・販売
フレッシュパール(湖水真珠)の総輸入元
U R L : http://www.sunamiya.co.jp/
E−mail : info@sunamiya.co.jp


(インタビュー) 株式会社スナミヤ 代表取締役 砂見 明(すなみ あきら)さん

[ 物騒な世の中だから・・・ ]
 物騒な世の中、郵便局の強盗や銀行強盗の話題が絶えない今日、このスナミヤの製品が大活躍しているとの噂。早速調査隊は話を聞くために出動した(といってもワタクシらくさぶろう一人で…)。

 まず見せていただいたのがカラーボール発射装置「マーカー」!!

 よくテレビのニュース等で『今日、銀行で強盗時の訓練が行われました。」というのをやっている。強盗に扮した警察官が金の入った袋を奪い、逃走しようとした時に後ろから店員がペンキの入ったカラーボールを投げつけ、強盗の背中に命中。犯人逮捕につながった…というようなことだが、これは非常に大事なことですぞ。
 で、そのボールを人が投げるのではなくて、ピストル型にしたものがこれだ(現在特許申請中)。炭酸ガスを用いてボールを飛ばすしくみなので、女性でもOK。夜間でも役に立つ。
 実は以前、人間が投げる用のカラーボールは金融機関やコンビニなどで年間80万個ほどは売れていたらしい。しかし実際に社長が銀行の人に話を聞いたら「練習の時投げても、なかなか当たらないものだ」という意外な一言だった。そこで社長はこの「マーカー」を考案!!
 犯人との安全な距離は10m以上ということで、より遠くへ、しかも3個同時に発射させることによって犯人に当たりやすくしているという。なるほどなるほど。
 しかしこの装置も、なるべく使わないで済むようにと願うばかりであります。
 その前に平成9年、『防犯メジャー』も考案した社長。取引先の銀行に赤いテープが貼ってあったのを見て、身長計を作ってみようということで作成。防犯協会のカタログに5つの商品が掲載されるまでになった。
カラーボール発射装置「マーカー」
これは実用的!

[ 汝、嘘をつくなかれ]
砂見社長
 本業は防水塗装、リフォームを営む社長は熱心なユダヤ教の信者でもある。
 娘さんが腎臓移植をすることになり、ただひたすら神だのみをするしかなかったという。何故か旧約聖書にひかれ、もう何回繰り返し読んだことか。それから生活が変わり、信仰の道が続いている。旧約聖書を読んでいる時が心の落ち着く時間だとか。
 社長室にはその旧約聖書の世界を描いた蒔絵が何枚も飾られている。ち密なこの絵を見ていると、たしかに心が洗われるようだ。
 社長はまだまだ新しいことを考えている。今後は生活の基本・農業の分野に参入したいという。天候に左右されない農業とは何か?次世代の農営に目が向いている。
 実は再婚して7歳のお子さんがいるそうだが、その子が幼稚園で「お百姓さんになりたい」と言うと、周りは笑ったそうだが、社長は心の底からうれしかったに違いない。「息子に農業をさせたい」、この思いが今の社長のパワーの源だ。
 モットーは「汝、嘘をつくなかれ」。
 ああ、僕に言われているようだ・・・。 
(2006年04月20日訪問)
▲このページのトップへ

<<No.007 目次へ戻る No.009>>