<<No.028 <目次> No.030>>
 
No.029

個性あふれる「ギャラリー風早」

「ギャラリー風早」外観
呉服すがたや株式会社
所 在 地 : 〒794-0017
今治市風早町2丁目2-18

代 表 者 : 代表取締役 田中  雅仁
T E L : 0898-22-1711
F A X : 0898-22-1635
主要業務 : 呉服・和雑貨販売
U R L : http://www.icknet.ne.jp/~kazahaya/
E−mail : kazahaya@icknet.ne.jp

(インタビュー) 呉服すがたや株式会社 代表取締役 田中 雅仁(たなか まさひと) さん

[ 独特の“居”空間 ]

 いやー、ここはですねー、社長には以前から大変お世話になりっぱなしなので、今さら面と向かって対談・・・という感じでもなかったのですが、いつも素敵な商品を置いてらっしゃるし、こだわりもかなりあるということが良く分かるので、一回ちゃんと話を聞いてみようということに。

 まあ、一遍会うと絶対に忘れないというようなインパクトの強いお方。しかしそこはやはり商売人、というか、話をする内にふぅっと引き込まれていき、いつの間にか「和」の世界にどっぷり浸らせてくれるのです。
 不思議だー。

 「生まれた時から呉服屋を継ぐものだと思っていた。」と言い切る社長。おじいさんの名前「一仁」から一文字をもらって「雅仁」と名付けられた。そのおじいさんは昼間も夜もずっと着物で通した御方らしいが、お父様(先代)は大変お洒落な人で、仕事で東京に行くと銀座の英国屋でスーツを作ったりジャケットを買っていたりしたという。

 先代から代替わりをしたのが41歳の時。それまで自称“アホの専務”だったのが、先代が亡くなってから3ヶ月くらい眠れぬ日々が続き、これからどうやって呉服屋を続けていこうかと悩みぬいた末、京都の問屋さんに葬儀のお礼に回ったのがきっかけで、「あっ、これだ!」と一念発起。それが今の「ギャラリー風早」の誕生に繋がっている。
 ここは独特の“居”空間を提供してくれている。
独特の雰囲気を持った田中雅仁社長
おもしろい小物がズラリ

[ さすがの ギャラリー風早 ]
お洒落な生地がいっぱい。
 「ギャラリー風早」は敷居の高い呉服屋のイメージをやわらげ、小物を中心に展示することで誰もが入りやすい店作りだ。しかも、建物やレイアウトもお洒落で、高いセンスがうかがえる。二階では、季節に合わせて色々と催しが行なわれ、僕もコレクションの『手ぬぐい展』をさせていただいたことがある。あのときは大変お世話になりました!!

  愛媛には何軒もの呉服屋さんあれど、この店だけとのお付き合いという作家さんも多い。それはやはり社長の人柄と今までの結果、信用という言葉に尽きるだろう。

 僕が社長に見立ててもらって作った着物の中でも、群馬の桐生の作家さんの一枚などは、四国ではここだけ。全国でもそうは着られていないというので、すごく誇らしげに着ております。
 着物のことがよく分かる方は僕のそれを見て、「わー、いいわねこれ。どこで作ったの?」ときかれるので、「今治のすがたやさんです。」と答えると、「ああ、なるほど。さすがね。」とうなづかれることがある。その時、このお店とは永くお付き合いしていける。そんな確信を持つのであります。

 まだ息子さんは若いんだけど、もう次を継ぐ覚悟は出来ているとか。僕も親子でお世話になりそうな、そんな予感がしています。

 100周年まで、あと20年弱。100周年には大きく御礼をしなければなりませんね。
ギャラリー風早の前で一枚。
(2007年4月10日訪問)
▲このページのトップへ

<<No.028 目次へ戻る No.030>>