現代の今治には全国的にも有名な製塩会社がありますが、その昔には大規模な塩田が広がっていました。
今治の製塩会社で生産される塩には、昔ながらの製法を再現させた瀬戸内海の海水のみでつくる塩もあります。また、大相撲東京場所で使用されたり加工品などにも多く使用されていることも広く知られています。
日本の塩業の移り変わりや今治における塩田の歴史をご紹介していきます。

日本の製塩方法の歴史

塩は人間の体や生活に欠くことのできないものであり、古代から日本全国で製塩が行われていたそうです。岩塩などの天然資源に恵まれていない日本では、海水から塩をつくる努力を重ねてきました。

縄文・弥生時代には土器に海水を入れ煮詰める「直煮」、奈良時代には海藻を利用した「藻塩焼」と製塩土器を使っての製塩方法が変化していきます。

製塩土器

伯方島から出土した製塩土器(今治市伯方ふるさと歴史公園資料館所蔵)

時代が進み、塩の需要も増していくと、鎌倉時代末期には塩浜が作られるようになりました。次第に塩田として整備し、人力で海水をくみ上げ、砂に海水をまく「揚浜式塩田」が発達します。

その後江戸時代には、潮の干満差を利用して塩田に海水を取り込む「入浜式塩田」が、瀬戸内地方で開発・導入され、昭和30年代まで長く続いています。
この方法は労力の大幅な軽減ができますが、潮の干満差が大きく、遠浅海岸で温暖少雨といった限られた地域でのみ導入されました。
瀬戸内海沿岸は、この条件に適していたため、いち早く導入し、高品質と評価される塩つくりを行いました。十州塩田とも呼ばれ、江戸時代後期には、国内塩の約9割を瀬戸内海沿岸(播磨,備前,備中,備後,安芸,周防,長門,阿波,讃岐,伊予)の塩田で製塩したと言われています。

大正11年頃の塩田の様子

大正11年頃の塩田の様子(今治市伯方ふるさと歴史公園所蔵)

1905年(明治38年)に、塩は政府が生産量や生産方法を定める「専売制」となりました。
大蔵省主税局の監督下にある塩務局出張所が、主要製塩産地であった今治の波止浜と伯方にもおかれています。

旧専売局伯方出張所

旧専売局伯方出張所(現:伯方塩業伯方本社)

戦後には工業用塩などさらに大量の塩需要に対応するため、1952年(昭和27年)から1959年(昭和34年)にかけて、「流下式枝条架併用塩田」が開発・採用され、入浜式塩田から転換されていきました。

流下式枝条架併用塩田

伯方塩業 大三島工場で再現された「流下式枝条架併用塩田」

1971年(昭和46年)に製塩産業は大きな転換期を迎えます。塩業の整備及び近代化の促進に関する臨時措置法(塩業近代化臨時措置法)が施行され、日本専売公社が「イオン交換膜製法」によって化学的に塩を製造するようになったのです。
これによって、日本の全塩田が廃止されました。

今治の塩田の歴史

今治でも清水地区の四村額ケ内遺跡や伯方島の岩ケ峯古墳から焼塩土器が見つかっており、当地でも古代から土器を使用して製塩・塩の運搬をしていたことがうかがい知れます。
また、波止浜地区や伯方島などの島しょ部では、県内有数の大規模な塩田で栄えた時期がありました。

波止浜塩田

愛媛県で最初の入浜式塩田が、1683年(天和3年)、波止浜に作られました。

波方の浦役人であった長谷部九兵衛が、入り江が深く内陸部に入り込み遠浅である筥潟(はこがた)湾(波止浜湾)が塩田に適していると思い、竹原(広島県)で苦心と努力の末に製塩技術を会得して波止浜に持ち帰り、藩の事業として塩田開発が始まったのです。

長谷部九兵衛

塩田の功労者である長谷部九兵衛の人霊がご祭神とともに祀られている「塩竈神社」

塩田築造当初は33軒(海水のくみ上げから製塩を一貫して行える経営単位を「軒」という)でしたが、数度にわたる増設で42軒60町余りと波止浜地区一帯が大規模な塩田地帯となり、全国有数の塩田産地として知られるようになりました。
塩田には堤防と水路が整備されましたが、現在も塩田時代の堤防石垣と雁木(階段)が残っています。

波止浜塩田の堤防石垣と雁木

中堀に見られる波止浜塩田の堤防石垣と雁木

1950年(昭和25年)に、流下式枝条架併用塩田へと発展し、生産量は倍増します。その後1954年(昭和29年)に塩化ビニールを用いた製塩技術も取り入れましたが、化学製塩が主流となり、1959年(昭和34年)に塩田は廃止されました。

波止浜水門

現在の波止浜水門。この水門の向こうに塩田が広がっていました。

276年もの長きにわたり塩田が栄えた波止浜では、塩の生産ばかりでなく資材運搬・流通のための海運や船舶関連の事業も発達し、大変賑わっていたそうです。

島しょ部の塩田

今治の島しょ部で最初に入浜式塩田が作られたのは、1700年(元禄13年)大島でした。
その後1820年(文政3年)から大三島にも塩田が築かれていきます。
今治藩で最大規模(県内でも2番目)の大規模な塩田となった伯方島の塩田は、3つの遠浅海岸に1806年(文化3年)より順次着工されていますが、今治藩の財政難もあり完成までに約17年もかかった塩田があるそうです。

伯方島の塩田跡

伯方島の塩田跡(現在は養殖用に活用)

島しょ部でも1953年(昭和28年)頃から徐々に、入浜式塩田から効率の良い流下式塩田に転換されていきます。

今治市の波止浜塩田が1959年(昭和34年)に廃止となった後も、伯方塩田は1971年(昭和46年)の塩業近代化臨時措置法で塩田が全面廃止になるまで、県内でただ一つの大規模塩田として存続し続けました。

塩田から伯方の塩へ、そして現在

専売公社による化学製塩への不安や疑問をもった愛媛県の消費者団体が、1970年(昭和45年)から「塩田塩を残してほしい」と自然塩存続運動を起こしました。5万人以上の署名を集め、関係各省へ訴えるなど熱心な運動を行った結果、塩田を残すことは叶いませんでしたが、1973年(昭和48年)条件付きで特殊用塩(自然塩)の製造・販売が認められます。

その条件とは、日本の海水から直接製塩することは禁止されていたため、日本専売公社がメキシコ・オーストラリアから輸入する天日海塩を用いること、効率の悪い平釜を使うこと、袋のデザインなどの確認を受けることなど細かく制限されたものでした。

伯方塩業(株)大三島工場

伯方塩業(株)大三島工場

『伯方の塩』という商品名には『伯方島の塩田を復活させたい』という多くの人の熱い思いが込められています。

伯方塩業(株)大三島工場

伯方塩業(株)大三島工場

1997年(平成9年)3月に塩専売法は廃止され、国内の海水からの直接製塩が認められるようになりました。伯方塩業㈱では環境に配慮し、消費者の方に求めやすい価格で提供するため、現在もメキシコまたはオーストラリアの天日塩田塩を、瀬戸内海の海水に溶かして、ろ過等を行い、瀬戸内海のにがり成分をほどよく残した化学薬品を使わない製塩をしています。

伯方の塩商品

伯方の塩商品

伯方塩業(株)では2010年(平成22年)、大三島工場敷地内に流下式枝条架併用塩田を再現し、塩田による製塩を体験して技術を伝承する活動を始めました。この塩田を活用し、瀬戸内の海水のみでつくる塩も販売されています。

されど塩藻塩

瀬戸内海の海水と瀬戸内海産の海草でつくった「されど塩 藻塩」

また伯方の塩は大相撲東京場所(年3回)の土俵に撒く塩として使われたり、伯方の塩を用いた飴、羊羹、饅頭、ソフトクリーム、ラーメンなどたくさんの商品が多くの食品メーカーによって開発され、販売もされています。大三島工場の売店でも購入することができます。

伯方の塩を用いた商品

伯方の塩を用いた商品

今治産の伯方の塩は、にがりをほどよく残した風味のある塩で、塩からさばかりでなくほんのりとした甘さも感じることのできる味わい深い塩です。
食用に適した、よりよい塩を求め、多くの人に愛される塩商品をつくり続けています。