愛媛県今治市は、全国有数のタオル産地として知られています。
タオル産業は、豊富な天然水や先駆者たちの苦労と努力により、120年以上続く今治を代表する産業のひとつです。
綿栽培から始まった今治の繊維産業は紆余曲折を経て、現在では「タオルの聖地」と呼ばれるほどになりました。
世界最高クラスの品質と高い吸水性をもつタオルに世界からの注目が集まり、今治タオル工業組合が定める独自の品質基準に合格したもののみが今治タオルブランドとして認められるなど、新たな歩みも始まっています。

タオルの歴史

現在では、日常生活に欠かせないタオルですが、実は日本でタオルが使用・生産されるようになったのは明治時代のことです。
意外とその歴史が浅いことに驚くのではないでしょうか。
日本でのタオル産業の歴史や、今治の繊維産業・タオル産業の歴史を紹介します。

日本のタオル産業の歴史

日本で最初にタオルが使われたのはいつ頃なのか、正式な記録は残っていませんが、1872(明治5)年に大阪税関で「浴用手拭」と初めてタオルが輸入された記録が残っています。
当時の輸入品は大変高価で、タオルがやわらかい触感やすぐれた保温性・通気性をもっていたことから、首巻にも使用されていたようです。

その後、1880(明治13)年頃に日本で初めてタオル地が織られ、1887(明治20)年頃にテリーモーションを用いた製織方法が完成され、日本のタオル産業に大きな変化をもたらしました。
明治時代後半頃からは工場での量産も盛んになり織機の開発や改良も進み、手織り織機や足踏み織機から力織機も導入され、昭和初期にかけてタオルの生産量は飛躍的に増加しました。

明治時代後期に開発された「足ふみバッタン織機」

今治の繊維産業(綿産業)の歴史

今治地方では、江戸時代から綿栽培が始まったといわれ、1801(享和元)年頃、久留米絣(くるめかすり)を手本にした伊予絣(いよかすり)が考案されました。
また江戸時代後半には、藩の策励もあって伊予木綿(白木綿)が農家の副業として発達し、全国に広まりました。
しかし、明治に入ると他の地域の廉価な木綿製品が出回るようになり、伊予木綿は徐々に衰退していきました。
そこで矢野七三郎という人物が苦心と努力を重ね、紀州ネルを改良した「伊予ネル」(片面だけ毛羽立たせた丈夫で暖かい綿織物)を考案し、今治地方に広めました。
これにより今治地方の繊維産業は再興への道を歩み始めました。
同時に矢野七三郎は後進の育成にも力を注ぎ、綿織物・タオル・染色・縫製など今治地方の繊維産業の基礎を築いたため「今治綿業の父」と呼ばれ、その功績を称えられています。

矢野七三郎像

今治城内にある矢野七三郎像

今治のタオル産業の歴史

1894(明治27)年、綿ネル業者であった阿部平助という人物が綿ネルの織機を改造してタオル織機をつくり、今治で最初のタオルつくりを始めました。
改造織機4台が、今治におけるタオル産業の始まりでした。

阿部平助像

テクスポート今治内にある阿部平助像

その後、1910(明治43)年、麓常三郎が二挺式バッタンと呼ばれるタオル織機を考案し、タオルの生産性が格段に向上したため、タオル産業は勢いづきました。

また明治末期には、今治のタオルの特徴であるジャカード織りの製法が中村忠左衛門によって導入されたり、大正時代には菅原利鑅(としはる)の活躍等によりタオルの柄の自由度を増すなど、タオルの生産技術は向上され、タオル産業は活発化し大きく発展していき、今治の特色を生かしたタオルつくりが地場産業として深く根付いていきました。

タオル産地としての特色

今治のタオル産業は、これらを取り巻く歴史・気候・風土などが織り交ぜられ現在に至っています。
120年を越える歴史をもつタオル産地としての特色をご紹介します。

天然の良質な水

今治地方にはタオルを織るだけでなく、タオルを生産する上で必要な晒し(精練漂白)・染色・糊つけ・後加工(糊抜き等)、縫製など、原糸の紡績を除くタオル生産工程の各工場が集積しています。

タオル生産工程の一部である晒し・染色・糊つけ・糊抜きといった工程では多くの水を必要とします。
一般にタオル生産において良質な水は、軟水でカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンが少ないものと言われています。
今治地方を流れる高縄山系を源流とした蒼社川は、この条件を満たしており、天然の良質な水を用いることによって、綿糸が持っている本来の良さを引き出すことができ、繊細で風合いのよい発色を可能にします。

色とりどりの今治産タオル

先晒し先染め技法

他産地の一般的なタオルは、原糸を織り上げた生地を晒し、染色プリントを行いますが、今治産地では、通常、織り上げる前の糸を晒し、染め、糊つけを行います。これを「先晒し先染め技法」と呼んでいます。

明治末期に中村忠左衛門が導入してから現在まで根づく技法で、綿糸が本来持っている特質(柔らかさなど)を引き出し、今治ならではの発色がよくやわらかい手触りのタオルをつくることができます。
また用途・目的などに応じた企画に合わせて、ジャカード織で複雑な柄を表現した様々なタオルをつくることもできます。

タオルマフラー 

今治タオルの新しい歩み

現在では、佐藤可士和氏による今治タオルのブランディングにより、従来から今治タオルの特徴としてきた高い吸水性や品質のよさに世界中から注目が集まり、「タオルの聖地」と呼ばれるほどになっています。
今治タオルの安心・安全・高品質を保証するため、今治タオル工業組合が定める独自の品質基準に合格したもののみが今治タオルブランドのマーク&ロゴを使用することができます。
また今治タオル工業組合では、タオルソムリエ資格試験を実施しタオル選びのアドバイザーを育成するなど、新たな歩みも始まっています。

今治タオルブランド商品
2016年のタオル国内生産量のシェアは58.4%で全国1位です。