BACK セミナー HOME
四国IT経営応援隊セミナー(H21.10.29)
“ものづくり”“ヒトづくり”経営革新セミナー(H20.10.07)
〜感動セミナー〜 福島正伸さんの「夢を実現する方法」(H18.07.12)
eビジネスセミナー in 今治(H18.03.29)
第2回 夢実現セミナー in 今治(H18.02.25)
第1回 夢実現セミナー in 今治(H17.11.19)

≪ネットビジネス道場≫
〜WEBサイト パワーアップ講座〜 (H20.03.26)
〜いまばりITフェスタ 特別セミナー〜 (H19.07.09)
〜自社サイト“力“アップセミナー〜 PART3(H19.03.23)
〜自社サイト“力“アップセミナー〜 PART2(H19.02.07)
〜自社サイト“力“アップセミナー〜 オープニング(H18.11.15)
〜目指せ!「月商500万円」道場〜(H18.10.18)
〜目指せ!「月商300万円」道場〜(H18.09.20)
〜目指せ!「月商100万円」道場〜(H18.08.23)
〜オープニング座談会〜(H18.06.28)


四国IT経営応援隊セミナー
(21.10.29)

 「IT経営は難しくない!」遠赤青汁株式会社の渡部一恵(わたなべ・かずえ)さんの講演はこれからIT経営を始める人にとって、非常に参考になる講演でした。

 渡部さん自身がITとは全く無縁だったそう。しかし人に進められて応募したIT経営百選で、最優秀賞を受賞。それから環境が一変。聞き手から話し手になり、講演会にもチャレンジするようになりました。
 
 これからIT経営をしていく中で、『まずは目標を立てて焦らずに、不況のこの時代だからこそ会社力・社員力を上げて不況を乗り切りましょう。それは気づいた時に始める事です。コンサルタントは世の中にたくさんいます。上手に知識を取り入れ利用してください。ITは、方向性を知る意味では大切な手法なのです』などと、アドバイス。今回のセミナーを通して、ITに興味が持てるようになった方も多かったのではないでしょうか。

【日  時】

平成21年10月29日(木) 19:00〜

【主  催】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加費】

無料

【開催地】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加者】

セミナー(名)




“ものづくり”“ヒトづくり”経営革新セミナー
(20.10.07)

 「徹底した3S(整理・整頓・清掃)」を掲げ、自社の業績をV字回復させるにまで導いた、枚岡合金工具株式会社 代表取締役 古芝保治 (ふるしば・やすはる)氏の講演は、情熱溢れる2時間半でした。

 参加者からは「3Sは、基本であり、それができないと、理念・目標にまでたどり着けない。」「経営変革の道は、100の議論より1つの実践。」聞いている立場・業種によって、感想は様々でしたが、数多くのヒントが得られました。

 IT経営応援隊事業の一環として開催した、当セミナー。第2部では、氏の取り組んできた「経営へのIT活用」について、ITC愛媛の吉田喜久男氏との対談の形で行いました。「20世紀は、マス・マーケティングの時代で、大企業に太刀打ちする術がなかった。ITは、大きな変革。小さな企業にとって活用方法によっては、大きな武器になる。」と力強いメッセージを最後にいただきました。

 枚岡合金工具の、古芝氏の“元気”を、少しだけ今治にも分けてもらえた1日になりました。

【日  時】

平成20年10月07日(火) 13:30〜

【主  催】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加費】

無料

【開催地】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加者】

セミナー(38名)

▲このページのトップへ



〜感動セミナー〜 福島正伸さんの「夢を実現する方法」
(18.07.12)

 「夢しか実現しない」…全国で起業家大学を展開、起業家精神の浸透を推進している、福島正伸氏(株式会社アントレプレナーセンター代表取締役社長)の講演に遠くは高松からの参加者もいる中、90分間の「夢実現の話」が繰り広げられました。

 「一人の人間を感動させることで、その商品は無限に広がる」、「世の中に売れない商品など存在しない。売り方が間違っているだけ。」商売のコツ、新しいビジネスプランを描くための様々なヒントがそこにはありました。

 「できる・できないではなく、その夢を実現させるための方法をいくつも考える」、「成功するヒト、しないヒト、環境に変わりは無い、失敗を糧に努力できるか、あきらめるか、それだけの違いしかない」、事業主、会社員、主婦と参加者も様々でしたが、立場の違いを超え、忘れかけていた、物事への取り組み方の根底をあらためて認識させられた今回のセミナーは、市内の新しい事業の芽、意識改革へ多大な影響を与えるものになったと思います。

【日  時】

平成18年07月12日(水) 18:00〜

【主  催】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加費】

無料

【開催地】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加者】

セミナー(140名)

▲このページのトップへ



eビジネスセミナー in 今治
(18.03.29)

 知る人ぞ知る、今治市にはネットビジネスで全国的にも有名な企業がいくつかあります。そのような土地柄か、ネットビジネスを展開している方やこれから取り組もうとしている方など87人の参加がありました。
 全国のお客様が対象となるインターネットを活用したネットショップビジネスの無限大の可能性や、既存の店舗でネット通販で元気に復活した事例などをアイランド株式会社 代表取締役 粟飯原理咲さんと有限会社アフロディレクターズ 代表取締役 草間忠宏さんのお二人の講師に語っていただきました。
 粟飯原さんからは"口コミされるマーケッティングの5つのコツ”や草間さんからは、商店街の活性化のために手掛けた"みたかモール”の全容をお話いただき参加者は熱心にメモをとっておりました。
 講演会終了後に開かれた交流会ではそれぞれの課題を話し合って交流を図り、ネットビジネスに携わっている方々のネットワーク形成の第一歩となりました。
 今回の講演のお二人の講師(粟飯原さんと草間さん)は、参加者の熱い思いや、今治の土地柄に興味を持った様子で、ぜひもう一度今治に来たいと話してくれました。特に草間さんは、“せっかち”というキーワードで今治でのビジネス案も持っているようで、次回の今治訪問を楽しみにしております。
 今治でのネットビジネスの新しい動きが感じられるセミナーとなりました。

【日  時】

平成18年03月29日(水) 13:00〜

【主  催】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加費】

無料

【開催地】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加者】

セミナー(87名)、交流会(43名)


 講師の草間忠宏さんの会社のホームページに、今治での講演会の様子や感想が掲載されております。楽しい内容で、今治へのメッセージもあります。ぜひご覧になってください。
  ⇒http://afrodirectors.com/kusama/200603imabari.htm

▲このページのトップへ



第2回 夢実現セミナー in 今治
(18.02.25)

 3ヶ月前の第1回セミナー参加者から、“日野さんの話をもっと聞きたい。詳しく知りたい。”という要望が多く、前回に続いて日野佳恵子さん(ハー・ストーリィ代表取締役)を迎えてのセミナー開催。女性の特性を充分に発揮してクチコミと言うネットワークを創り、「クチコミュニケーション」と言う言葉まで生み出した日野さんの具体的なお話が聞ける機会とあって、市内をはじめ県外からも多くの参加者がありました(遠くは北海道から参加)。
 いかに市場にマッチした情報、商品、サービスを提供できるか、ということに価値が高まってきている中で、女性ならではの視点、感性、おしゃべり力、コミュニケーション力、コミュニティ力を重視した新しいブランド戦略の重要性を日野先生からお話いただきました。
 第1回、第2回の女性向けセミナーの開催によって、市内に女性起業家グループのネットワークができようとしていることもあって、日野先生に具体的アドバイスをもらったり、交流会では女性ネットワークの輪が広がりました。


【日野さんのブログ抜粋】
 25日土曜日は今治市で講演&質疑応答計2時間をさせていただきました。
2回目のリピート開催です。
 今治では講演90分のあとに休憩中に、会場の人に「質問」を紙に書いていただき、50分間質問に回答していく、という方法をとっていただきました。
 大変有意義な方法だと思います。どうしても講演は一方的になりますし、手をあげて質問となると、なかなかできにくいものです。
 昨年の11月に続いて2度目のリピート講演でした。
 今治のみなさま、本当にありがとうございます。
 また、この講演をきっかけに、地元の女性起業家のネットワークが誕生したそうです。すばらしい!!
 ネットワークは、無理せず、気を張らず、気軽に、でも目的はちゃんともってゆるやかに、いい刺激をしあえる関係づくりを維持していくことがとても大切です今治は本当に熱心な人が多いすばらしい町です。

【日  時】

平成18年02月25日(土) 13:30〜

【主  催】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加費】

500円

【開催地】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加者】

セミナー(92名)、交流会(44名)

▲このページのトップへ



第1回 夢実現セミナー in 今治
(17.11.19)

 女性の社会進出支援の一環として開催したセミナーで、女性や企業担当者ら約150人の参加がありました。
 女性のクチコミを利用したマーケティング戦略を提唱する、日野佳恵子さん(ハー・ストーリィ代表取締役)は、「気づいていますか、今、女性が社会を動かしていること!」をテーマにした講演の中で、友人2人で企業に至った当時のエピソードを交えながら、起業や女性の特質を活用する方法等をアドバイス。参加者はメモを取るなど熱心に聞き入っていました。
 講演会、地元女性起業家らとの意見交換会の後の交流会では、講師の日野さんと直に話をしたいという人が列を作り、あっという間の交流会でした。
 講演終了後のアンケートの中には、「起業しようか迷っていたが、このセミナーに参加して、いいヒントをもらった。」「勇気が出た。私もやってみます。」という声もあり、大好評でした。


【日  時】

平成17年11月19日(土) 13:30〜

【主  催】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加費】

無料

【開催地】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加者】

セミナー(150名)、交流会(50名)

▲このページのトップへ





「ネットビジネス道場」
〜 WEBサイト パワーアップ講座 〜

(20.03.26)

「いかに」読者の役に立つHPづくりを意識できるか!

 今回は、国内SEOの先駆者、ボーディー有限会社 代表取締役 住太陽(すみ・もとはる)さんをお招きしました。
 インターネットの普及により、消費者の購買行動も変わってきています。事前に検索したり、比較したり・・・購買後には、ブログなどで情報を共有したり・・・
 ページにたどり着くためのツールの一つ「検索エンジン」への対策(SEO)も、その手法が目まぐるしく変わってきており、いかにユーザーの支持(被リンク)を得られるページになるかが重要度を増しています。
 「商品の良さをアピールするだけなら、どこだってしている。そんな情報だけのページって、消費者から支持されるわけがない。商品を買う時って、信頼していたり、何らかの良い経験をしたショップから購入しているはず。いかに消費者に役立つ情報を提供できるページづくりを意識できるかが、SEO対策であるし、差別化を図る今後のポイント。」と住さんは指摘。
 短期的な売り上げを上げるだけなら、広告を出したり、安売りをして、買う気満々の消費者を相手にすればいいが、本気でネットショップで売るためには、ネットの向こうにいる消費者にとって、いかに役立つ情報を提供できるかが、今後の鍵になりそうです。

【日  時】

平成20年03月26日(水) 14:00〜

【主  催】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加費】

無料

【開催地】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加者】

セミナー(46名)、交流会(16名)


▲このページのトップへ



「ネットビジネス道場」
〜 いまばりITフェスタ 特別セミナー 〜

(19.07.09)

ネットに取り組むことで、お客様の声が直にもらえる。それが会社を強くする。

 今治にも繊維関連の会社はたくさんあります。今回は、富山の縫製工場集積地、高岡市から、オリジナルのTシャツなどをオーダーメイドで販売する株式会社レスターの清水康次(しみずこうじ)さんをお招きして開催しました。
 父親の突然の死により、18歳という若さで社長に就任した清水さん。苦労に苦労を重ね、経営している中、メーカー依存の下請工場にとっては、死刑宣告ともいえる、メーカーの生産拠点の海外移行により、工場の自立化を決意されました。
 「オリジナルで服を作る」と掲げた目標に、百貨店などに営業を掛けるものの、最初は苦難の連続。制作会社に作ってもらったきれいなHPも、売上の効果も無く「パンフレットのように作ってはダメ、営業マンがそこにいるようなページではないと。」と気付き、「オーダーされたものを忠実に作る。」とういう縫製工場の強み、お客さんへの有益な情報をページに盛り込んでいった。レイアウトはぐちゃぐちゃになったが、情報が厚みを増すことで、それを求めるお客さんが増加し、売上が好循環化していったそうです。
 「検索ツールがドンドン便利に正確になっている。」中、アクセス解析は綿密に、どんなキーワードでお客さんはページを探しているのか、当たり前のようにできなければ、ネットショップでの成功は無いようです。
 「ネットショップに取り組むことで、お客様の声・情報が直接得られた。本当の情報を得られることが、市場に求められる、生き残る会社を作る。」と清水さんは言いました。
 富山では、「本気でネットショップで売っていこう」と結成された会があり、目標を設定して、参加する企業で競争したりして、相乗効果によるレベルアップを図っているそうです。
 清水さんが、交流会の最後に「色々な新しい人と知り合えるから、こうして今治にも来させてもらいました。最後はやっぱり人と人との繋がりですから」と結ばれてました。
 お互いがレベルアップできるような会社・人が近くにいること、そんな繋がりを作ることも、ネットショップの成功の近道ができる方法かもしれません。
 今回は、「いまばりITフェスタ」ということで、最新のIT体験コーナーやIT経営セミナーも同時に開催され、一日中賑やかな地場産センターになりました。

【日  時】

平成19年07月09日(月) 15:30〜

【主  催】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加費】

無料

【開催地】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加者】

セミナー(56名)、交流会(15名)

▲このページのトップへ



「ネットビジネス道場」
〜自社サイト“力“アップセミナー〜 PART3

(19.03.23)

儲からないモノは売らない。商売には選ぶ事と捨てる勇気が必要。

 「文具」という身近な商材でネットビジネスに挑戦し、業界の中でも、一目を置かれるショップ確立。現在も更なる成長を続けている、若きネットショップ店長、大阪のワキ文具、岸井祥司さんをお招きし、「自社サイト“力(パワー)“アップセミナー」の第3弾を開催しました。
 中学卒業後、様々な職種を経験された後、ご実家の老舗文房具店の手伝いをするようになった岸井さん。毎日同じものを運ぶ営業車の中で、同じようなモノ売っていては、大手に淘汰されてしまうことに気付き、「本気で文具を売ろう!」と一念発起。今までの商品・商売環境を全く新しい方向に転換されました。
 セミナーの中では、自身のこれまでの経験から、商品の構成、今後、お客様の確保のキーとなるネット上のアクティブユーザーへのアプローチなど、今後のネットビジネスの方向性も見据えたお話をしていただきました。特に、「ネットショップは、商売を改善するための、様々な数字データが得られる。これを毎日チェックしないといけない。数字を基に動くだけで、おのずと改善点・結果が出てくる。」と数字データの重要性について述べられました。
 質疑応答の時間からは、おなじみの西日本観光田中さんも参戦。参加者からの質問を交えながら、今後のネットビジネスの方向性などについて意見を交わしました。「ターゲット客層の明確化とその方法の参考になった。」「数字データの蓄積・分析の大切さを改めて感じた。」など、特に、岸井さんと年齢の近い参加者からは、「良い刺激を受けた」という声をセミナー後、数多く聞きました。
 「儲からないものは、売らないでください。まず、自分自身が儲けて余裕を持つことができないと、本当の意味で、お客様の期待に答えられないと思います。主軸の商品でも、売れないのなら、一旦止めて、儲けてから売りましょう。商売には、選ぶ事と捨てる勇気が必要です。」という岸井さんからのお話に、今までの講師の方も共通してそうだったように、ネットビジネスはテクニックでは無く、「商売の根本が大事」ということを改めて気付かされたセミナーになりました。

【日  時】

平成19年03月23日(金) 14:00〜

【主  催】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加費】

無料

【開催地】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加者】

セミナー(45名)、交流会(14名)

▲このページのトップへ





「ネットビジネス道場」
〜自社サイト“力“アップセミナー〜 PART2

(19.02.07)

“ネットの世界は、これからますます人と人との繋がりによって広がっていく”

 “自社サイトによるブランディング”をテーマとした「自社サイト“力(パワー)“アップセミナー」の第2弾を、大阪府八尾市、AISHA代表の伊東美沙貴さんをお招きして、開催しました。
 SEO(検索エンジン対策)で日本でイチ早く活躍のあった会社を経て、若くしてフリーとなり、「20代の女性」をターゲットにしたWEB制作に特化したユニットを主宰する伊東さん。WEBプロデューサーの立場から、ネット業界の「今」を交えながら、今後のネットビジネス戦略について語っていただきました。
 まず、ポータルサイトや、ブログなどを例に上げながら、ネットの世界が買い手主導に変わりつつあることを解説。検索エンジンの機能も、今後は、より個々に合った必要な情報が得られ易くなる時代になること。そして、現在のようにSEOばかりを、追いかけていては、限界があることを指摘。
 後半では、伊東さんが行っているWEB戦略を、一つ一つ、実例を挙げながら、わかりやすく解説いただきました。
 これからは、「より高度な専門的なものを提供できるサイト」「商品でもサービスでも、よりリッチな体験・知識を得られるようなサイト」を目指すことが重要であり、ネットの向こうにいる、人・心を捉え、より支持される・共感されるかが今後の課題であることとまとめられました。。
 参加者からは「サイト制作において、足りない部分がわかった」「今後のネットショップ運営の指針となった」という、新しい方向性を得られたという意見が多く聞きました。
 最後に伊東さんから、「私は、自分の得意分野であるWEBを通じて、微力ではあるが、様々な方の、社会のお役に立ちたい。みなさん、これからもがんばって行きましょう。」という熱いメッセージもあり、ネットビジネスのノウハウだけでなく、参加者にとって、大きな刺激が得られたセミナーになりました。

【日  時】

平成19年02月07日(水) 15:00〜

【主  催】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加費】

無料

【開催地】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加者】

セミナー(59名)、交流会(18名)

講師 伊東美沙貴さん 参加者にあいさつ
熱心に聞き入っている参加者のみなさん 質疑応答に答える伊東さん
交流会1 交流会2
▲このページのトップへ



「ネットビジネス道場」
〜自社サイト“力“アップセミナー〜 オープニングセミナー

(18.11.15)

“クレームこそ最大の宝!お客様に育てられ成長するクオカ”

 「ネットビジネス道場」の新シリーズ、“自社サイトによるブランド構築”をテーマとした「自社サイト“力(パワー)“アップセミナー」のオープニングセミナーを徳島県徳島市、(株)クオカプランニングの斎藤賢治社長をお招きし、開催しました。
 元々は、業務用のパン・菓子の材料の卸問屋の小売部門としてスタートした同社は、当時、業界全体が後ろ向きな姿勢であった「一般のお客様が気軽にお菓子材料を買える店」を目指し、高松に小売店舗をオープン、95年にはネットショップも開設されました。
 早くからネットビジネスに取り組んでいるが、会員制のサロン(掲示板)の設置による、コミュニケーション活性化への取り組み、「本当に商品を欲しい方は、むしろ地方に多い。」という思いからの送料一律といった、現在でも多くのショップが苦労している、お客様に対する、サービス・工夫が充実しています。
 そして、全ての商品は、熟練から初心者のスタッフまでが、同じものを一つ一つテストし、提供されているため、ネットにおける各商品の説明は、万人にわかりやすく、かつ奥深くなっています。
 また、「お菓子のテーマパーク」と位置づけ展開する実店舗においては、カフェの併設・チョコレートセラーの設置など、見て・触って・楽しんでという部分を提供していく仕組みになっています。
 実店舗・ネットショップのお客様からの、提案・クレームから、成長してきたクオカ。 現在の売上の80%以上はネット販売という。実店舗を辞めれば、売上はもっと伸びることを言われることも多いと言うが、「クオカの最大の目標は、お菓子作りを通じて、喜び・楽しみを提供したいこと。“お菓子作り”というリアルな経験を商品にしているため、実店舗は絶対必要」と斎藤社長は語りました。
 「クオカ」というブランドが、実店舗・ネットショップ、それぞれの利点を生かし、お客様の満足のため、成長し続ける当社の取り組みに、参加者からは「ネットビジネスへのやる気が出た。」「ブランドを成長させる方法がわかった」という声が聞かれました。

【日  時】

平成18年11月15日(水) 13:30〜

【主  催】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加費】

無料

【開催地】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加者】

セミナー(46名)、交流会(16名)

▲このページのトップへ



「ネットビジネス道場」
〜目指せ!「月商500万円」道場〜

(18.10.18)

“何事も他が追随できない、オンリーワンの商品を!”

 「ネットビジネス道場」の売り上げ目標シリーズの第3弾、「目指せ!月商500万円道場」を、静岡県清水町、(株)栗原商店「ところてんの伊豆河童」のネットショップ店長、栗原康浩さんを講師としてお招きし、開催しました。
 伝統ある伊豆の老舗のところてん屋が、ネットビジネスを通じて復活を遂げた。当時ネット上ではなじみの薄かった「ところてん」を、今や全国的な名店に成長させた栗原さんのお話は、老舗ならではの“もの作り”へのこだわり、そしてネットの向こうのお客様とのコミュニケーションへのこだわりが随所に感じられるものでした。
 小売店の経験の無い、卸し業者としての経験しか当事無かった会社が、ネットショップを出店するに当たり、「まずはネットの有名店がなぜ売れるのか」を徹底的に研究したそうです。そして、分からないことがあれば、「どんどん外に出て行って、積極的に教えてもらった」とネットビジネスの先駆者にどんどんアタックし、教えを請われたそうです。
 参加者からは、「順序立てた成長の様子が非常に参考になった。」という声、また「ネットビジネスといっても、安売りだけでは企業に明日はない。費用対効果を十分検討し、経営することが大事」という言葉にも考えさせられた方もいました。
 最後の栗原さんのメッセージ「小さい会社が勝ち残るためには、本気で色々なことに取り組むべき。でも費用面も考えて見極めは肝心です。他のどこにもないオリジナルの商品を取り組むことも大事ですね。」オンリーワンの店舗を目指し、何事にもどんどんチャレンジする栗原さんの行動力に元気をもらえた2時間になりました。

【日  時】

平成18年10月18日(水) 15:00〜

【主  催】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加費】

無料

【開催地】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加者】

セミナー(58名)、交流会(34名)

▲このページのトップへ



「ネットビジネス道場」
〜目指せ!「月商300万円」道場〜

(18.09.20)

 「ネットビジネス道場」の売り上げ目標別実践セミナー第2弾、「目指せ!月商300万円道場」を開催しました。
 今回の講師は、高知県は須崎市から、(株)山岸竹材店「虎斑竹(とらふだけ)専門店 竹虎」の代表取締役社長、山岸義浩さんをお招きし、約2時間大盛況のセミナーになりました。
セミナーでは、「テクニックは成功の一端」に過ぎず、ネットの向こうには実店舗と同じく、お客様がいて、そのたくさんのお客様にしても、「自分トコの商品を、どんな方に知ってもらい・使ってもらいたい」という気持ちを、ページに、メルマガに、様々な機能でそれを伝えることが成功の秘訣だということを、あらためて考えさせられました。
 また、ネットビジネスの良さとして、「レビューやメールなどによる、お客様の気持ち、喜びを、用紙に打ち出して、職人さんなど社員全体に伝えることが出来た。」という実店舗ではなかなか経験できない、またとても大切なエピソードも上げていただきました。
 参加者からは、「ネットビジネスに対する考え方が変わった」という声、また「会社経営の面からも『目からウロコが落ちた』ような感じがしました」という声もあり、山岸さんのネットに対する考え方、そして自社商品を心から愛している経営者の心意気を、会場の皆さんそれぞれが感じられたのではないかと思います。
 セミナーの最後、「Pao」橋田店長との対談の中で、今治地域のネットビジネスを盛り上げるための、ヒントとして、「まず地元でコアな人物を見つける・作ることが必要で、ネットビジネスを頑張る人たち、横と横のつながりを強めることも大事」という言葉をいただきました。今後、今治地域としてもこれから取り組んでいくべき課題です。

【日  時】

平成18年09月20日(水) 15:00〜

【主  催】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加費】

無料

【開催地】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加者】

セミナー(80名)、交流会(36名)

▲このページのトップへ



「ネットビジネス道場」
〜目指せ!「月商100万円」道場〜

(18.08.23)

 地元ネットショップの繁盛店「パンとお菓子の店Pao」橋田店長プロデュースにより、今年度、楽天市場をクローズアップして展開する「ネットビジネス道場」。その売り上げ目標別実践セミナーの第1弾、「目指せ!月商100万円道場」を開催しました。
 今回のセミナーは、橋田店長が講師を努め、ネットビジネスの初期段階を取り上げた内容で、“ショップを開設したものの売り上げが上がらない”方や、開設を検討している方などの参加がありました。
 楽天市場におけるメルマガ・オークションなど各機能の初歩から、効果・具体的な部分、写真・ページの見せ方などが、自身の経験から分かりやすく解説され、参加者からは「明日から、早速取り組みたいことができた」「行動を起こす参考になった」という声が数多く聞かれました。
 セミナーの最後には、「お客様とのいい関係を築ける人が成功すると思う。最後は、商売を楽しみながらやっていけるかが大事。このセミナー以降も、交流し、共同企画・開催するなど、今治地域を盛り上げられたらと思う。」と言われました。
 ネットは商売の手段の一つであり、実店舗と同じだということに改めて気づかされると共に、今後の互いの交流から、地域発信の新しい可能性が生まれるのでは期待せずにはいられないセミナーになりました。

【日  時】

平成18年08月23日(水) 15:00〜

【主  催】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加費】

無料

【開催地】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加者】

セミナー(79名)

▲このページのトップへ




「ネットビジネス道場」
〜オープニング座談会〜

(18.06.28)

 ネットビジネス支援のため、「ネットビジネス道場」のオープニングとして、ネットビジネスの地元トップランナーである、「パンとお菓子の店Pao」のネットショップを運営する、橋田あやこ氏らをお招きした座談会が開催されました。主催者側は、当初50人程度の参加者を見込んでおりましたが、予想に反して大勢の参加者があり、市内における、ネットビジネスへの関心度に改めて気付かされました。
 全く知識の無い状態からのスタート、周囲の評価と現場でのギャップ、成功の影には、いくつもの壁があり、努力と根性で乗り越えていった橋田店長の5年間のお話は、成功するためのキーワードが数え切れない程散りばめられた内容で、参加者の熱気に包まれた2時間になりました。

 「よほどの広告効果がないと、ネットビジネスに一足飛びの成功は無い、いかに、現状を把握し、本気で取り組んでいくか一つ一つの積み重ねが大切」、「セミナーはノウハウを学ぶことと同時に、同じ悩みにぶつかっている参加者と交流することで、次のステップへのヒント・目標設定にもつながる」

 座談会終了後の、交流会では、座談会参加者同士で、コラボ新商品の話が進むなど新しい動きもあり、今回の座談会が市内におけるネットビジネスの輪を広がる大きなきっかけとなれば幸いです。

【日  時】

平成18年06月28日(水) 14:00〜

【主  催】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加費】

無料

【開催地】

(財)今治地域地場産業振興センター

【参加者】

セミナー(137名)、交流会(57名)

▲このページのトップへ